刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法

大きな刺青には

女の人

消す方法の種類

腕や足などに自分の好きな言葉や文字、模様などを入れて楽しむ刺青(タトゥー)が流行しています。刺青(タトゥー)というとおしゃれなイメージがありますが、皮膚の表面にある表皮の下に黒や青、黄色などを入れていくもので入れ墨と同じものです。ファッション感覚で目立つ場所に入れてしまうと社会人や結婚、子供の親になることをきっかけに除去したいと思うようになります。除去するには形成外科や美容外科で施術を受ける必要があります。クリニックで行われている施術は刺青にレーザーをあてる、刺青が入っている部分の皮膚を取り除いて縫い合わせる方法、切除したあとに皮膚移植をする方法、刺青がある皮膚を薄く少しずつ取り除く方法に大きく分けることができます。

様々な施術方法

刺青を除去する方法について詳しく見ていきましょう。まず、レーザーを使った除去方法について説明します。レーザーをあてると黒色の刺青は消えて目立たなくなります。しかし、黒以外の赤や青などを薄くするには数回レーザーを受ける必要があります。黒色の刺青除去には効果があります。皮膚を切除する方法は、大きな刺青や黒以外の色が多い場合に行われるものです。また、切除した後に太ももなどから皮膚を移植する方法は、移植した皮膚が上手く定着すればきれいになります。しかし、仕上がりには個人差がありますのでやはり医師と相談が必要です。皮膚を薄く削って除去する方法は、大きな刺青がある場合に行われる方法です。どの除去方法も医師の高い技術や知識が必要になりますので、よく相談したうえで受けるようにしましょう。

Copyright© 2017 刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法 All Rights Reserved.