刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法

2つの大きな違い

女性

タトゥー除去の方法は、「レーザー照射法」と「切除法」の2種類に分かれます。レーザー照射法とは、レーザーを用い傷跡を残さないようにタトゥーが入っている部分の色素を分解していく方法です。痛みを生じることなくタトゥーを消すことができます。施術後に傷跡が残ることもありません。この方法で刺青を消すことも可能で、現在、刺青除去のほとんどがレーザーを用いたこのレーザー照射法となっています。レーザー照射法の大きなメリットの1つが、傷が一切残らないという点です。また、肌に影響のあるレーザーを使っていないので、肌に負担がかかることはありません。ただ完全に除去するまでにある程度の期間を要します。2〜3ヶ月かけてようやく消える、といった感じになります。切除法は、外科手術として皮膚を切ってしまう方法となります。レーザー照射法と切除法の大きな違いは、完全にタトゥー除去が図れるか図れないできるかできないか、という点です。切除法はレーザー照射法とは違い、短時間でほぼ完全にタトゥーを消すことができます。ただ、メスを入れるので、縫合後どうしても傷跡は残ってしまいます。

タトゥー除去ができるクリニックは限られていますが、全国に多数存在します。クリニック選びをする際は、いくつかのポイントを抑えておきましょう。まず第一に、治療に入る前にカウンセリングを設けてくれるところを選ぶようにしましょう。費用の見積もりや治療方法などはすごく重要なので、時間をかけてでも話しておきましょう。第二のポイントが、アフターケアをしっかり行なってくれるところです。治療後もしっかりケアを図ってくれるところでないと、安心して治療を任せることができません。タトゥー除去を受けにクリニックに行く際は、これらのポイントをクリアしたところに行くとよいでしょう。

Copyright© 2017 刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法 All Rights Reserved.