刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法

タトゥーを消す方法

手

タトゥーを消すテクニック

肌に彫られたタトゥーや刺青は、美容皮膚科のレーザー治療で除去することができる。タトゥーや刺青の色や大きさに応じて使用するレーザーを決定し、レーザーを皮膚に照射するとタトゥーや刺青は除去される。刺青除去のレーザー治療は、赤と青と緑の3波長を発振する最先端のレーザーが使用される。最先端のレーザーを使用することによって、どのような色の刺青でも消すことができる。小さなタトゥーはレーザー治療で消すことができるが、広い範囲に彫られた刺青は、レーザー治療では除去できない場合がある。その場合は、皮膚を切除縫縮することによって刺青を除去する。背中一面に彫られた刺青は、切除縫縮法でも消せないことがある。切除縫縮で消すことができない刺青は、皮膚移植をして除去することになる。

治療の今後について

タトゥーや刺青を除去する方法は、以前は切除縫縮法が主流であった。最近は、ワンポイントに彫られた小さなタトゥーであれば、レーザー治療で消すことが可能になっている。レーザー治療でタトゥー除去をする人は増えており、今後も増加すると予想される。その理由は、日本社会はタトゥーには寛容ではなく、タトゥーを彫っていると、いろいろな社会的制約を受けるからである。タトゥーを彫っている人は、温泉や銭湯、サウナなどへの入店が禁止されるケースがほとんどである。結婚や就職の際に問題視されることも多く、結婚や就職を機にタトゥー除去する人も多くいる。レーザー治療だと簡単にタトゥー除去が可能であるため、美容皮膚科のレーザー治療でタトゥーを消す人は非常に多い。

Copyright© 2017 刺青やタトゥーの除去はすっごく簡単|レーザーという名の魔法 All Rights Reserved.